ヤマシタケンスケ写真事務所  山下健輔のフォトブログ


by yamasita_kensuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2011年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

イチゴ

ほったらかしてあるイチゴの鉢植えに、毎年数粒だけ実が成る。
実が出来てもナメクジに食べられてしまうことがほとんどなので、近年は観賞目的で水だけ与えている。

c0203681_17201715.jpg

今年は一粒だけだった 珍しくナメクジにも食べられておらず、綺麗で美味しそう

今年は土に栄養も与えていたのだが、株自体に力が無かったのだろう。
一粒成っていたのを撮影のために見やすい場所に出したのがいけなかった。
夕方こどもが帰ってきたので食べさせてやろう思い、庭へ出ると赤い粒は忽然と消えていた。
今年唯一のイチゴは鳥の胃袋行きという残念なことに。
[PR]
by yamasita_kensuke | 2011-06-30 17:30

久しぶりの渓流釣り

c0203681_16341942.jpg

今日の午前中、久しぶりに少し竿を出してきた

c0203681_1636398.jpg

初挑戦のテンカラ釣り

今シーズンはもう秋までは竿を出すつもりはなかったのだが、今年春先からテンカラに興味が湧いていて、最近なおのこと仕掛けやら竿の振り方などを勉強していたら、釣れなくても良いから渓で竿を振りたくてしょうがなくなった。

c0203681_1643226.jpg

この日は気温・湿度ともに高く、川全体に霧が発生していた

実際、私は高校生くらいから渓流釣りに興味を持ち、特にいつかはテンカラをと思い続けていた。
その頃から本などで勉強し、テンカラに対する知識は少しだけ持っており、またイメージトレーニングだけは毎年少しずつ積んでいた。
仕掛けは3.3メーターの竿にレベルライン4号を3.3メーター、リーダー1号を1メーター弱。
肝心の毛ばりは市販。本当は手巻きで望みたかったが急な思い立ちで準備は出来なかった。

c0203681_16443873.jpg

初めて毛鉤を振る

10年余り、イメージトレーニングだけは毎年少しだけ続けた結果だろう。一投目から思い通りに振れた。
10分ほど振り続けると思ったポイントに毛鉤が飛ばせるようになった。レベルラインを若干重めの4号にして正解だったか。
いつも餌釣りで狙うようなポイントに打ち込んでみる。ざぶっと岩魚の姿が見え、竿に重さを感じた瞬間ふっと軽くなった。
竿の振り方、毛鉤の飛ばす所までしかイメージトレーニングしておらず、合わせや取り込みなどは竿を振れるようになってから勉強、イメージしようと思っていたので当然の結果。

しかし姿、アタリが有ったからには1尾釣ってやろうと思い、あまり毛鉤を流さず水面に打ち込み続けながらどんどんつり上がって行った。

c0203681_17141446.jpg

テンカラでの初のイワナ

掛けた瞬間、とても嬉しく興奮したのだろう、自分で合わせたのか向こう合わせで偶然かかったのかは自分でもわからない。

c0203681_17202396.jpg

この日はとんでもなくクモの巣が多く、1尾目以降は竿を振ることすらままならない

c0203681_172274.jpg

2匹目、アッと思った瞬間にはバックキャストによって小さなイワナは宙を飛んでいた

初にして竿は振れて、偶然ながら2尾釣れたのでテンカラデビューとしては申し分ない。
毛鉤の巻き方、毛鉤の流し方、合わせ、とまだまだ基本の半分も知らず出来てないが、今日を励みに、いつか一人前のテンカラ師になりたく思う。
[PR]
by yamasita_kensuke | 2011-06-28 17:33

用水でのアユ釣り

アユ釣り解禁直後、手取川を通りかかったので釣り人たちの様子を見ていたが、あまり芳しく無さそうだなと思い今年一発目は松任の2級河川へ。

c0203681_1757486.jpg

去年も2度ほど来たポイントだが少し様変わりしていた

c0203681_17584858.jpg

用水からの落ち込みにアユは無数に溜まっており

c0203681_180086.jpg

こんなサイズばかりだが入れ食い

今年は毛鉤を用いず、サビキ仕掛けで勝負。
100匹ほど釣り上げ、酒のつまみとしては十分な量となった。
しかし通りかかった方の話に寄れば、この日の前日は18センチほどの大物が何匹か釣れていたとのこと。
毛鉤じゃないとそのクラスはかからないのかと尋ねると、どんな仕掛けでもかかると言われた。

今日、偶然にも加賀毛鉤を安く買えた。数釣りはもう飽きたので、今年は毛鉤のドブ釣りにて好サイズを狙ってみたく思う。
[PR]
by yamasita_kensuke | 2011-06-23 18:13
c0203681_1626829.jpg

吸水するミヤマカラスアゲハ

数日前、釣りは無しでミヤマカラスアゲハの撮影に近くの山へ。

c0203681_16275573.jpg


c0203681_16282546.jpg

林道から川を見下ろすと、小さいながらイワナが何匹も走り、もし竿を持っていたらどこに仕掛けを流すかと考えてしまう

c0203681_16313564.jpg

この日はとりわけ綺麗な固体ばかり、大きい群れでは30匹以上も吸水していた

c0203681_16331468.jpg

青い翅が美しく、とても夏に似合うチョウだと思う
[PR]
by yamasita_kensuke | 2011-06-15 16:36

ザリガニ釣り

昨日の日曜は友人たちとの毎年恒例となったザリガニ釣りへ行ってきた。
場所はもちろん夕日寺健民自然園のトンボ・サンクチュアリー。

c0203681_1613156.jpg

イトトンボの一種

c0203681_16132428.jpg

この日は今まで来た中で一番の賑わい

昼過ぎ2時頃に現場に着いたが駐車場は満車。池の周りは家族連れで一杯だった。

c0203681_16141628.jpg

どの家族も夢中でザリガニを釣り上げている

あまりにも人が多く、ザリガニは全部釣りきられてしまってるのではと我々は竿を出す前から不安に。

c0203681_1614422.jpg

竿を出すと心配はすぐに消えた

c0203681_16164141.jpg

今回は5人で行ったが、全員すぐに1尾釣れてホッとする

c0203681_16165957.jpg

トンボの幼生ヤゴを守るという建て前で皆ガンガン釣り上げていく

c0203681_16171641.jpg


c0203681_16173133.jpg


c0203681_16175612.jpg

どこかの家族のバケツから逃げ出したのか、野を悲しげに歩くザリガニも居た

c0203681_162169.jpg

小さ目はかわいいが

c0203681_16213160.jpg

大きい奴は悪役スターのよう

c0203681_1623670.jpg

水面ギリギリでの駆け引きがコツ 

c0203681_16243948.jpg

かわいそうだが公園が用意してくれている回収BOXへ

皆4・5匹釣ったころ雨が降り出しこの日は終了。
我々は手ぶらにスニーカーの軽装で来て、公園で用意してくれている竿仕掛け一式借りてやっているが、竿・紐・アタリメ・長靴を持ってくると快適に釣れるのでオススメです。

しかし例年になくザリガニは多く感じられ、釣り人は増えてきているのだが一層励まないとトンボは守りきれないのではと思える。
[PR]
by yamasita_kensuke | 2011-06-13 16:35

先日のイワナ

c0203681_1753586.jpg

キープしたイワナを翌日リリース

2匹キープした内の1匹が翌日まで元気。娘と記念写真まで撮り、とても締める気にならない。
元気なうちに放せるのは近場の犀川中流しかなかったが、水温もあまり高くなかったのできっと上流へ向かえるだろう。
[PR]
by yamasita_kensuke | 2011-06-08 17:13

今年は釣れない

今年もう何度目になるか判らないが、昨日またイワナ釣りに行ってきた。

午前中は荷物が届く予定だったので家から出られず、昼前の出発となった。
行きしがらの国道沿いにある「食工房 虎」でラーメンを食べ英気を頂く。虎は家から少し遠い店だが週に一度くらい来ている。ラーメンは特に好きな食べ物だが、ここの自家製麺を使ったラーメンは特別美味く、私にとって一番のラーメン屋さんだ。平日11時半から2時のみの営業なので、行ける方が少し限られ残念だが行ける機会があったらぜひどうぞ。

と、この日の目的は半分がラーメンだったのは事実で、虎を出てしばらく行った所にある釣具屋に寄るのを忘れるぐらい味の余韻に浸ってしまった。

c0203681_9533098.jpg

堰堤が無くなるまで踏み後を歩く

c0203681_9544516.jpg

堰堤がある区間にも魚は居るだろうが竿を出す気になれない

c0203681_9553855.jpg

水量は予想通り

c0203681_956680.jpg

エサは珍しくブドウ虫を使った 食いが良すぎて極小型のイワナでも針を飲まれた

この日はよい型を3尾ほど釣る予定だったが小型ばかり。2年前に来た時はよい型が釣れたのだが。

c0203681_1002982.jpg

アタリも少ない

c0203681_1005695.jpg

早々に本日の好釣果はあきらめ目的の滝までは釣り上がる事にする

c0203681_1023558.jpg

天気も気温も清々しく沢を歩くだけで気分が良い

c0203681_103266.jpg

2年前はだいぶ距離があったように感じたのだが、あっと言う間に目的の滝に着いてしまった

c0203681_1045173.jpg

ここでようやく2尾キープ

c0203681_1062414.jpg

タニウツギにカラスアゲハ

イワナ釣りのベストシーズンも終わりかけだが今年はまだ尺物に会えていない。
今年はあと何回行けるかわからないが、1尾で良いから尺を釣りたく思う。
[PR]
by yamasita_kensuke | 2011-06-07 10:15

ボンゴレロッソ

今日は朝から雨が降り続けていた。
パソコンでの仕事にはちょうど良かったのだが午前中で疲れてしまい、お昼ご飯を兼ねて少し外出。目当ての近所にある「カツカレー屋」さんはお昼の臨時休業で初来訪に至らず。余談だが、一昨日も別の店だが臨時休業でお昼ご飯を食べ損ねた。しかし今週はお昼ご飯意外は全体的に運が良くうれしい週だ。
スーパーでカツカレーを買い食事し、その後帰宅するが気が向かないので気分転換にお料理することに。

c0203681_17312719.jpg

私が昨日買った、消費期限が今日までのアサリを使わなければならない

c0203681_17331673.jpg

玉ねぎを炒めてアサリをワイン蒸し 殻が開いたらホールトマト投入

c0203681_17353031.jpg

アサリの香りが良い

c0203681_1736529.jpg

塩で味を整え(味見してないけど)少しだけオレガノを振って、10分ほどでボンゴレロッソの完成  


私が作る自家製パスタソースはいつもボンゴレ。アサリの出汁に頼りきった素人の私でも、間違いなく美味しく仕上がるから。
ほんとはも少しスパイスを加えたいが、3歳児が居るのでやさしい味に。

c0203681_17421349.jpg

庭で育ったパセリをかけて明日食べることに 

今晩は昨日までのおかずの残りをたいらげねばならない。
[PR]
by yamasita_kensuke | 2011-06-01 17:51