ヤマシタケンスケ写真事務所  山下健輔のフォトブログ


by yamasita_kensuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

岩間噴泉塔群

お盆に友人達と飲んでいたとき、「涼しくなったら登山とか行きたいね」と皆が言い出したので昨日行ってきた。
とは言っても私も含め(イワナ釣りキノコ採りで軽く山は登るが)、皆初心者だから片道5キロほどの軽登山。帰りに露天風呂にも入れる入門コースで慣れてもらうことにした。

c0203681_153373.jpg

私は一度行った事がある、岩間噴泉塔群を見て折り返す予定を組んだ

c0203681_1535742.jpg

出発 

c0203681_1533561.jpg

歩き始めてすぐに落石注意の看板で他の2人は少し警戒


c0203681_15191411.jpg

途中に見える霞滝

c0203681_15151699.jpg

しばらくは舗装されていたりして、簡単すぎると油断していたらしい友人たち サングラスの片目がはずれ海賊のように喜ぶ友人

オフロードバイクや、スカート姿の手をつないで歩くカップル等が行き交っていたからなおさらなめてかかったのだろう。その人たちは露天風呂だけが目的で登山をしに来てるわけではないのだ。

c0203681_15223077.jpg

露天風呂を少し過ぎ、ここからが登山道だと看板に従い先導する

c0203681_15234378.jpg

道の細さ、荒れように友人たちはマジで!?となる

c0203681_15293883.jpg


c0203681_1530387.jpg

友人たちが今までの道と登山道のギャップに面食らっていたので、きれいな花やおもしろいキノコを観察したりしてテンションを保つ

c0203681_15462342.jpg

展望が開けると皆元気が出た

c0203681_15464454.jpg

毛の生えたカタツムリを発見 初めて見たがオオケマイマイというらしい 普通に素手でつかんだ友人を尊敬した

c0203681_15471576.jpg

面白い物が次々見つかり、なかなかペースが上がらない

c0203681_15571283.jpg

ようやく目的地が見えてきた

c0203681_15583425.jpg


c0203681_1559896.jpg

到着 左下に見えるのが目的の噴泉塔

c0203681_1604482.jpg

この日は川の水量が多く、昼食を食べながら対岸への渡り方を考える

対岸にいかないと噴泉塔群の全貌は見れない。われらの他にも対岸に渡りたいが行けないと困っている登山者が数名いた。皆諦めて帰った頃弁当を食べ終え、私はズボンを脱ぎ冷水の激流を何とか渡った。
水は冷たいを通り越し、素足へは岩が食い込み、痛み寒さはひどかったが目的の写真が撮れて私は大満足であった。

c0203681_1611404.jpg

国の特別天然記念物「岩間噴泉塔群」  

勢いよく温泉が噴出しているときがあるらしいがこの日は湯気のみ。


c0203681_16163399.jpg

撮影を終え、振り向くと友人たちも川を渡ってきていた 前日TVで見たミノワマンにどこか似ている友人

c0203681_16181036.jpg

皆こんな姿で川を渡りました ちょうど誰も来なくて良かった

c0203681_1619175.jpg

帰り道の天然露天風呂に偽ミノワマンは浸かる 熱いか聞くと42度はあると聞き私はやめといた
[PR]
by yamasita_kensuke | 2010-09-27 16:23

秋のミヤマカラスアゲハ

ここ数日で北陸もようやく平年並みに気温が下がってきた。ちゃんと秋らしくなりほっとする。

c0203681_1731436.jpg

先週撮影 白山市尾口地区にて
c0203681_17313150.jpg

ミヤマカラスアゲハは夏の終わりを彩るかのよう多数乱舞していた


昨日同じ尾口地区に行ったが、急に涼しくなったせいであろうか、先週たくさんいたミヤマカラスアゲハはほとんど見られなくなっていた。

c0203681_1736188.jpg

同じく先週撮影 金沢の内川ダム近くにて
[PR]
by yamasita_kensuke | 2010-09-15 17:41
毎年、夏の終わりにはハゼ釣りに行っている。
地味な釣りだが意外と難しい釣りだ。

c0203681_18281188.jpg

昨日の釣り場 手取川河口

c0203681_18295390.jpg

海まで2・300メートル

仕掛けは先日のアユの毛ばり釣りと似た感じで片天秤、針だけキスの投げ釣り用3連針に代えたもの。
数年前まではジェット天秤を使っていたのだが、アタリがあまりに取りづらく苦戦していたところ、親切な釣り人がこの仕掛けを使ってみてと渡してくれたのが片天秤だった。
それからは本当に小さいアタリまでわかるようになり、ハゼ釣りの楽しさがかなり上がった。

c0203681_18471340.jpg

しかしこの日はハネ(スズキの子)ばかりが入れ食い

数匹立て続けにハネを釣り、ハゼは居ないのかと思いかけた時にようやく今までと違うアタリがきた。

c0203681_18504935.jpg

本命のハゼ

c0203681_19373832.jpg

独特な吸盤状の腹ビレ

c0203681_1940341.jpg

このあとハネは全くかからず、ハゼばかりが連続して釣れた

c0203681_19421978.jpg

電車が通ったときにちょうど釣れたので電車バックに撮ろうとしてあせり、自分で仕掛けを踏んで針が指にささったところ

c0203681_19453143.jpg

きれいな口ががり

釣ったうちの半分ほどは、スレがかりや唇の皮一枚といった不本意な結果。
まだまだ仕掛けの改良とアタリの取りかたを勉強せねば。

c0203681_1948316.jpg

夕方二時間ほどの遊びだったが満足して夕日を背に帰ることができた
[PR]
by yamasita_kensuke | 2010-09-02 19:51