ヤマシタケンスケ写真事務所  山下健輔のフォトブログ


by yamasita_kensuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

c0203681_17514650.jpg

モンシロチョウ モスラのような羽ばたき

ふだん何気に蝶を見ていると羽ばたきが速すぎてあまりよくわからないが、写真で一瞬を止めると全身を使って飛んでいることがよくわかる。
写真というものは撮影者本人でも撮影後になって気づかされる事が多くとても面白い。面白いだけでなく必ず反省点という宿題も付きまとうが・・・
[PR]
by yamasita_kensuke | 2010-07-26 18:14

夏野菜

今年もわずかながら家庭菜園をしている。
植えたら実が成るまで放っておくいい加減なやり方。まあ水くらいはあげてますけど。

c0203681_17225492.jpg

そのいい加減ぶりがたたっのか植えて3ヶ月、キュウリは全く成長しない

c0203681_17272670.jpg

しかしプチトマトは毎年必ずよく育つ

キュウリも例年ならひと夏、家族の食べるぐらいはコンスタントに収穫できるのだけど、今年は未だに実がなるどころかツタさえ這わせていない。
プチトマトはまずまずの収穫を望めそうだが、しかし私はトマトが駄目で家族に全部食べてもらっている。

肥料などひとつも与えてなかった数年前のほうが一番収穫が多く、少しずつ肥料を上げるようになるにつれ獲れなくなってゆく。
今年は特に実家からもらった肥料で全面的に土壌改良したつもり。それが逆効果だったのか。
手を掛けると駄目になってゆくのが不思議で悲しい。
[PR]
by yamasita_kensuke | 2010-07-20 17:46

梅雨の晴れ間

ここのところ連日の雨。今日も朝から雨が降っていたが、午後に薄日が差してきたのでねむの花を撮りに行った。

c0203681_16322616.jpg

雨上がりのねむの木にはアマガエルが多数休んでいた

1週間前に開花しているのを確認できたポイントに行ったのだが、まだぜんぜん咲き揃っていなく残念だった。


他に生き物がいないかあたりを見回すと白い花に集まる小さい虫が数匹集まっていた。
よくみると蚊。

c0203681_16554397.jpg

たぶんオスの蚊 オスは血を吸わない

たぶんオスと決めたのは、私の腕を近づけても一匹も血を吸いに来なかったから。もしかしたら私より花の蜜のほうが美味しいだけなのかもしれないが。
[PR]
by yamasita_kensuke | 2010-07-15 16:56

あばれ祭り

先日投稿の「とんぼの楽園」でマナーの悪いアマチュアカメラマンがたくさんいた祭りからのひとコマ。

c0203681_16321370.jpg

あばれ祭 2日間あるうちの1日目のクライマックス

多数のキリコが大タイマツのまわりをぐるぐる回る。
1基につき二十人以上は担いでいるキリコは大きくもちろん危険だが、火の粉もまた危険。
多くの観客が火の粉をかぶり服を焦がしていた。
キリコの担ぎ手はもっとたいへんだ。より火に近いうえ、ときおり爆発的な火柱が上がると女の子はさすがに熱い熱いと泣き叫んでいた。
そんな危険な祭だからこそ警官が警備にあたっているのに、悪質なアマカメラマンは注意されてもへらへらとごまかし、繰り返し警戒線を越えていく姿がみっともなく、プロアマ問わずカメラマンとして恥ずかしくも情けなく思え興ざめした。それだけ本気で撮りたいなら、報道のプロになるか祭のスタッフとして公認されるかの覚悟は持って欲しい。
[PR]
by yamasita_kensuke | 2010-07-14 17:04

アユの毛ばり釣り

ここのところあまり渓流には行ってない。
イワナ釣りはもちろん、写真を撮りに行くのでも山には入っていない。行く気が出ない。
週に1回は山の空気を吸わなければおかしくなりそうだと思っていたのに不思議だ。
その代わり、自宅から車で10分の場所でアユ釣りをして自然に触れていた。
と言っても友釣りのような花形の釣りではない。

c0203681_17311624.jpg

天秤におもり、毛ばり一本という簡単な仕掛け

c0203681_17341393.jpg

カルガモ親子ものんびり生活するのどかな環境

c0203681_17324655.jpg

こんな用水路でも意外とアユはたくさん遡上する

c0203681_17354233.jpg

10センチ足らずのアユがポンポンと釣れる  小さいが天ぷらにすると最高のつまみ

c0203681_17423881.jpg

伝統の加賀毛ばり・・・と言いたいが私が使うのは半額ほどの安物毛ばり

私もそこそこ釣れていたが、周りに居た釣り人達はもっと良い型のを私の倍以上釣っていた。
高額毛ばりとの違いなのかな?と思ったがどうも仕掛け自体が違っていたらしい。

c0203681_174747100.jpg

後日、あまりに釣れない私を見ていた親切なおっちゃんが、これを使ったら釣れると置いていってくれた

この仕掛けを試そうとしたところで上流から油が延々と流れてきた。そのせいで残念ながらこの仕掛けはまだ使えていないが、釣りをしていると時々こういった親切な方々に出会うことができ、釣りはやっぱりいいなと思えてくる。
[PR]
by yamasita_kensuke | 2010-07-12 18:03

奥卯辰山健民公園の睡蓮

c0203681_15555055.jpg

奥卯辰山健民公園の睡蓮、またの名をひつじ草

どっちにしろ、何か眠たげな呼び名。
そして梅雨入り直後のこの日は私も天気も一日通して眠たい日であった。
奥卯辰山健民公園は年に何回か来るが(家族サービス込みで)あまり撮りたいものに出会わない。
ここに来る前に夕日寺のトンボサンクチュアリに行ったがトンボが居ない。さらに眠気がする。小雨も降り出した。
しかし何か被写体との出会いがありそうな気がするので帰り道にすることができる奥卯辰山健民公園に寄ったわけだ。

c0203681_16121538.jpg

ひつじ草が群生する池にたたずむアオサギ

アオサギはいつも何か考え深げであるが・・・この日は私同様眠そうに感じ、むしろ目を開けて寝ているのでは思えた。
本当はこの池で飼われている白鳥と睡蓮という組み合わせを狙ってきたのだが、やはり飼われている白鳥よりか野生のアオサギに惹かれた。
[PR]
by yamasita_kensuke | 2010-07-11 16:24

小松 トンボの楽園

前々前回のモンキアゲハの題で、ハッチョウトンボを撮りに行ったと書いておきながらまだ画像をあげてなかったので。

c0203681_15511346.jpg

ハッチョウトンボの雄 

c0203681_1551561.jpg

ハッチョウトンボは日本最小のトンボ 体長は10円玉より小さい

なかなか見つからず、発生していないのかと落胆しながら遊歩道を2週目しようとしたらようやく見つけられた。私はハッチョウトンボを見たのは初めて。
しかし思ったほど数は多くなく、4匹ほど確認できただけであった。
ハッチョウトンボはあまり飛翔せず、葉などに止まったままジーッとしている。
皆、遊歩道からはわずかに遠くに止まり狙いたい画が撮れない。一時間くらい待ってみたが、2・3度オオシオカラトンボが近づいた時だけフワっと飛び立ったが全く同じ場所に戻る。
長靴を履いて、湿地帯に入り近づき撮ろうと思えば撮れるがそれはしてはならないこと。ここは地元の滝ケ原町鞍掛山を愛する会が整備、管理されている。有志の方達にはもちろん、トンボたちへのマナー違反である。

別件だがつい先日、能登のあばれ祭りに行ってきたがたくさんのアマチュアカメラマンがマナー違反をしていた。
その中でも警察に何度も注意されても繰り返すあまりにひどい人がいたので、皆の迷惑になるからやめるよう注意したら「うるさい!」とひと言逆切れ。還暦は過ぎたくらいのいい歳の方。あきれてしまったが、こんこんと5分ほど説教したが一度もこちらを見ずに立ち去った。
マナー違反して撮った写真をいったい誰に見せるのだろうか。もし仮に褒められても喜べるのか?
プロアマ問わずいろんな作品を見てきたが、人として魅力のない人に感動させられた写真は1枚もなかった。
誰でも簡単にカメラを持てる時代。だからこそ周りのこと、他人のことにも気を配ることをなおさらするべきではないのかと思っている。ひとことで言えば撮らせてもらっているという姿勢でしょう。

硬いお話のお口直しに、

c0203681_1650366.jpg

ハラビロトンボ 雄

c0203681_16511159.jpg

ハラビロトンボ 雌

ハラビロトンボも見たことがなかったので素直にうれしい。

c0203681_16542621.jpg

トンボの楽園付近の案内板
[PR]
by yamasita_kensuke | 2010-07-06 17:02

カモシカの親子

ひと月ほど前、比較的近場の渓流にて。

c0203681_13504549.jpg


c0203681_1351209.jpg


この日は入ったことのない源流部を探ってみようと行ってみた。しかし地図では結構太い谷っぽく書かれていたのに実際はあまりに細い流れで、イワナが居ることは居るのだが20センチ以上はとても望めなかった。
イワナの存在は確認できたので本流まで引き返した。本流で少しだけ釣って帰ろうと思い、餌の川虫を採るためタモを水中に入れて石や砂利を蹴っ転がしているとゴリが獲れた。

c0203681_13595685.jpg

5センチほどのゴリ

今日はイワナ釣りをやめてゴリを獲って帰ろうと方針転換。
ゴリの天ぷらで今日は一杯やれるぞ!と張り切ったがにわかじこみではなかなか獲れない。
一時間で4匹ほどしか獲れなかったので今日は手ぶらで帰ろうと全部逃がした。

もう少し上流まで歩いて林道に上がろうと思い川の中を進んでいると、遠くから獣の親子づれがこちらに近づいてくる姿が見えた。
イノシシだと困るとあせり、コンパクトデジカメの望遠を最大にしたりして何者たちか静かに探った。

c0203681_1413527.jpg

カモシカの親子でほっとした

c0203681_1414853.jpg

小さいながらも45度もあろうかという崖を登ってゆく

c0203681_14152834.jpg

ひどい画像になる完全非常用のデジタルズームの最大望遠撮影だけど、ブログで使うくらいなら大丈夫

カモシカといえど子連れは怖いし、驚かすのも悪いと思い、山に消えるまでじっとその場で見送った。
[PR]
by yamasita_kensuke | 2010-07-05 14:23

アザミと蜂

前回の勝山釣行の時の撮影。

c0203681_143842.jpg

アザミとハナバチ

釣り支度していると、そばに咲くアザミに何匹も蜂が来た。準備しながら、蜂が来るたび手を止めカメラを持ち撮影していたのでなかなか入渓できなかった。
他にもミツバチなどもやってきたが、ハナバチは体が大きくやはり優先的だった。
[PR]
by yamasita_kensuke | 2010-07-01 14:58