ヤマシタケンスケ写真事務所  山下健輔のフォトブログ


by yamasita_kensuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

小松 トンボの楽園

前々前回のモンキアゲハの題で、ハッチョウトンボを撮りに行ったと書いておきながらまだ画像をあげてなかったので。

c0203681_15511346.jpg

ハッチョウトンボの雄 

c0203681_1551561.jpg

ハッチョウトンボは日本最小のトンボ 体長は10円玉より小さい

なかなか見つからず、発生していないのかと落胆しながら遊歩道を2週目しようとしたらようやく見つけられた。私はハッチョウトンボを見たのは初めて。
しかし思ったほど数は多くなく、4匹ほど確認できただけであった。
ハッチョウトンボはあまり飛翔せず、葉などに止まったままジーッとしている。
皆、遊歩道からはわずかに遠くに止まり狙いたい画が撮れない。一時間くらい待ってみたが、2・3度オオシオカラトンボが近づいた時だけフワっと飛び立ったが全く同じ場所に戻る。
長靴を履いて、湿地帯に入り近づき撮ろうと思えば撮れるがそれはしてはならないこと。ここは地元の滝ケ原町鞍掛山を愛する会が整備、管理されている。有志の方達にはもちろん、トンボたちへのマナー違反である。

別件だがつい先日、能登のあばれ祭りに行ってきたがたくさんのアマチュアカメラマンがマナー違反をしていた。
その中でも警察に何度も注意されても繰り返すあまりにひどい人がいたので、皆の迷惑になるからやめるよう注意したら「うるさい!」とひと言逆切れ。還暦は過ぎたくらいのいい歳の方。あきれてしまったが、こんこんと5分ほど説教したが一度もこちらを見ずに立ち去った。
マナー違反して撮った写真をいったい誰に見せるのだろうか。もし仮に褒められても喜べるのか?
プロアマ問わずいろんな作品を見てきたが、人として魅力のない人に感動させられた写真は1枚もなかった。
誰でも簡単にカメラを持てる時代。だからこそ周りのこと、他人のことにも気を配ることをなおさらするべきではないのかと思っている。ひとことで言えば撮らせてもらっているという姿勢でしょう。

硬いお話のお口直しに、

c0203681_1650366.jpg

ハラビロトンボ 雄

c0203681_16511159.jpg

ハラビロトンボ 雌

ハラビロトンボも見たことがなかったので素直にうれしい。

c0203681_16542621.jpg

トンボの楽園付近の案内板
[PR]
by yamasita_kensuke | 2010-07-06 17:02